周囲からは理解し難い発達障害や精神疾患について発信するブログです。行政の人は教えてくれない社会資源についても記録していきます。

発達障害だった息子達

発達障害だった息子達

ASD・ADHD次男の診察内容

発達障害のお子さんの食事に悩んでんいませんか?食べ歩きや極度の偏食。。。何とかしたいと思っても、どうする事も出来ない状況に困っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?医師からの指導も含めた内容をエピソードと共に記事にしています。
発達障害だった息子達

挨拶が出来ない自閉症の長男挨拶が出来→挨拶が出来るようにする働きかけ

自閉症の長男は全く挨拶が出来ません。 こんにちは こんばんは 等の基本的な挨拶は勿論、ありがとうやごめんなさいの言葉が言えないのは、残念ながらトラブルの元になってしまうのです。 トラブルにならなくても、挨拶は人となりを印象付ける重要...
発達障害だった息子達

インチュニブ内服後の息子の変化・効果

お子さまの癇癪やこだわり、多動に悩んでいませんか。この記事は自閉症の我が子がインチュニブを内服するようになった経緯や内服後の様子をレポートしています。薬を勧められたけど、こんな小さい我が子にのませるのは不安。どんな風になってしまうの?そんな不安や悩みを持っている方に読んで頂きたい内容になっています。
発達障害だった息子達

朗報!2019年10月1日〜児童発達支援等が無償化に

児童発達支援等のサービスが無償化に!ASDの長男や未診断の次男が通っている実際の施設の様子についても記事にまとめています。
発達障害だった息子達

多動の子どもと外出。何度言われても辛い!お決まりの一言...。

ところかまわず出現する発達障害児の問題行動。気になる周囲の視線や言動。そんな時の親の在り方を考えた記事です。
発達障害だった息子達

診断書の写真あり!特別児童扶養手当について

現在の日本には様々な社会資源が用意されています。発達障害児は、気分のむらやいじめ等で学校を休みがちです。子どもが学校を休んでしまうと、保護者の就業にも支障を来します。そこで、我が家の長男ASDが受給している特別児童扶養手当についての記事をまとめます。
発達障害だった息子達

癇癪・多動で買い物すら出来ない~発達障害児を育てる母の苦悩~

視覚優位の発達障害。視覚情報に刺激されて暴れて危険な子どもと共に暮らすうえで避けられない買い物。これといった改善策は見つけられていない状況で、苦悩について綴った内容でになります。
発達障害だった息子達

発達障害児の睡眠障害について 

寝ている時も多動!障害児の約半数に現れると言われている不眠症状。我が家の子どもたちには無縁と思っていたのですが。意欲や学力低下を招く睡眠障害の実態を改善策。
発達障害だった息子達

親にとってはきつすぎる……..。好き嫌いではない。感覚過敏から生じる子どもの偏食。。。

自閉症児は感覚の過敏や同じものへのこだわりから、食べられる物が極端に少い場合があります。好き嫌い・わがままだと誤解されてしまう事が多い偏食ですが、少しでも多くの方に知ってので、偏食の症状について実例を交えて記事にまとめました。
タイトルとURLをコピーしました