周囲からは理解し難い発達障害や精神疾患について発信するブログです。行政の人は教えてくれない社会資源についても記録していきます。

第1話 気付けなかった精神疾患。異常行動からみる鬱病・双極性障害・発達障害。。。

今思い返せば、結婚当時からちょこちょことおかしな出来事はありました。ただ、その頃は、不思議に思う事があっても深く考えず、生活していればこんな事もあるよね。その程度の認識でした。今日は当時を振り返って記事をまとめてみたいと思います。

精神疾患(鬱病・双極性障害・発達障害)は、知識があっても分かりにくく、知識がない方が理解したり気づいたりする事は、ほぼ不可能です。

私の記事で少しでも悩んでいる方の力になったり、受診のきっかけになれば幸いです。

続きの記事です。

第2話 誰にも言えない夫の奇行・異常行動

入籍後、私たちは初めての同居を開始しました。当時の私は専業主婦、妊娠が分かったばかりの頃でもありました。夫は電車通勤のサラリーマン。電車通勤の夫の帰宅時間はほぼ一定でしたし、遅くなる時は決まって連絡がありました。

ところが、その日は全く連絡がなく、約2時間経過。時刻は21:00を回っています。夫に何かあったのでは…。私は不安で仕方なく、何度も夫の携帯電話を鳴らし続けました。すると、その甲斐あって夫が電話に出ました。

私はやっと繋がった電話に安堵したのも束の間、一気に不安と恐怖にかられました。なぜなら、電話口の夫の様子がおかしすぎるのです。

普段の会話は

「もしもし、今日は何時ごろ帰ってくるの?飲み物ないから、何か買ってきて~」

どこにでもあるこんな感じの日常会話をしていたのに。。。

この時は、

私「もしもし、今どこにいるの?」

夫「今、○○高校に来ている。(もごもご…口の中で何かを言いたそうな様子ではあったが、他の言葉は聞き取れない)じゃぁねぇ~~~~」

と。すぐに電話をきろうとする夫でしたが、今どこにいるのか。夫は教育関係の仕事をしていたので、本人のいう通りどこかの高校にいるとしても不思議ではなかった。ただ、時刻は21:00を回っており、明らかにおかしなどもり口調。。。

私は直観的に異常な状況を察知。電話を切ってはいけない状況だと判断。まともに会話も出来ない、言葉を発する事も出来ない夫にも何とか届くように、大声で呼びかけました。

私「電話切らないで!!!今どこにいるの!!!」

何度も何度も。マンションに住んでいる事等すっかり忘れて。とにかく力の限り大声で叫び続けました。

するとその甲斐あってか、しっかりした口調の男性に電話が引き継がれなました。その方はタクシーの運転手を名乗る男性でした。男性の話によると、自宅から車で2時間ほど離れた場所(会社から家とは逆方向に約1時間程度の場所)にいるとの事。

そして、なんとも不思議そうに

「お酒の匂いは一切しないんですよね~」

というのです。

嫌な予感はしましたが、この時は、まだ一切状況は分かりません。

とにかく家に届けてもらえるように住所を伝えました。

約2時間後、夫が帰宅したのですが…。その夫は、顔が傷だらけで流血の塊。目はうつろで、呂律緩慢。歩行状態は千鳥足というのでしょうか。フラフラして、今にも倒れそうな状態。どこかにぶつかったのか、誰かと喧嘩でもしたのか、詳細は今も謎のままですが、両手の拳にも傷があり、スマートフォンはヒビ割れ。

状況が知りたくて本人に問いただしても、もにょもにょと口の中でどもるように言葉を発するのみで、会話が出来ないのです。

夫はスーツ姿のまま布団に横たわり、動かないし私の力では起き上がらせる事も出来ない状態でした。ただ、その時は、前傾姿勢で壁などの周囲にぶつかりながらトイレだけはかろうじて行ける状態だったので、お漏らしこそなかったものの、どうしてこんな風になってしまったのか。病院に受診させたいけど、妊婦の私には一人で立ち上がらせる事は不可能でした。

救急車を呼ぼうか迷いましたが、なぜか躊躇してしまい呼べず。でも、誰かにこの状況を知らせたいし、知らせなくては、、と思い義姉に電話しました。育休中の義姉は電話に出てくれました。

義姉は飛行機で行き来するほど遠い地域に住んでいるので、実際に見てもらう事は不可能ですが、電話口で呂律緩慢の状態だけは実際に確認してもらいました。

私は、出会いから半年足らずで結婚したので、お姉さんには今までこのような事があったのか尋ねました。

今までこんな事はないと、涙声です。

翌朝夫は、通常であれば出勤です。

タクシー運転手のいう通り、お酒の匂いもしない。原因は全く分からない。今思えば、この時救急車を呼んでいれば良かったと思うのですが、その時はそんな勇気もなく、翌朝を迎えたのでした。

つづく

 

第1話~《続》壮絶物語:壊れていく夫・崩壊にむかう家族
カテゴリー
ゆこらんをフォローする
発達かていの知恵袋

コメント

タイトルとURLをコピーしました