周囲からは理解し難い発達障害や精神疾患について発信するブログです。行政の人は教えてくれない社会資源についても記録していきます。

癇癪・多動で買い物すら出来ない~発達障害児を育てる母の苦悩~

我が子は2人とも発達障害児です。今日は発達障害児と買い物・外出について記事にしてみたいと思います。

☆長男ASD 次男ASD ADHD疑い☆

偏食や睡眠障害等も親にとっても辛い症状ですが、日常生活を送るうえで避けて通れない買い物が今、とにかく辛いのです。

夫とは別居。視覚優位の子ども達とはほぼ会話なし。なので、日々の出来事を話したり、共有したりする機会がほとんどないのです。同じような境遇の方、工夫や苦悩等何でもいいので、コメント等頂けると嬉しいです。

発達障害児との外出は危険だらけ!苦痛すぎる日々の買い物

我が子達は、WISC‐Ⅳや新版K式発達検査を受けた際に、ASDやADHD特有の症状でもある視覚優位型と指摘診断されています。療育の医師によると、買い物で暴れてしまう原因のひとつに視覚優位である事があるようです。

そのため、今では宅配サービスを利用。危険なおもいをせずに、食料品の購入が出来るので、本当にオススメです!

気が散るようにレイアウト。購入意欲を高める店内

店内は多くの物を購入してもらえるように、客の視覚に働きかけてより沢山の物を購入してもらうような配置になっているようなのです。

それに関しては店側のビジネス戦略なのですが、それに踊らされるようにして暴れてしまうのが我が息子達なのです。

息子達との買い物の実態

長男編

【1~2歳の頃】

まずは長男談からいきたいと思います。長男は歩けるようになった1歳の頃から、私を泣かせてしまう暴走ぶりでした。この泣かせるというのは、例えでも何でもなくて本当に店内で泣きました。

1歳そこそこの子どもが暴れて母親が泣く等、経験した事のない人にとっては想像も出来ないと思います。

買い物するためにカートに乗せようものなら、身体を捻じって泣きわめいて乗らない。そして、そのまま店内へ一目散で走り去る!目的不明。。。

→私必死に追いかける。→何とか抱っこ紐の中に収めて買い物→何とか買い物を済ませて袋詰めをしようとするものの、またまた身体を捻じってそっくり帰り泣きわめく。

抱っこ紐を忘れてしまった時等は本当に最悪で、じっとしていられないどころか、一定の場所にも留まる事の出来ない長男は、あっちこっち行き、エスカレーターの方まで行ってしまったり。もう危険すぎますよね。

みかねた奥様方に何度袋詰めをしてもらったか。。。

すごく親切でありがたいのですが、買い物するだけでこれほどまでに疲弊しなければならない現実。しかも毎回。頼りにしたいはずの夫の協力は得られない現実に涙が出てしまうのです。

 

【幼稚園の頃】

幼稚園時代の長男は、何かを買ってほしくて泣く事もあったのですが、こだわりの結果泣きわめく事が多々ありました。

今もマーク好きなのですが、まだ、自閉症だと気付かない頃に、ホームセンターでトイレのマークを欲しがって泣きわめく。

物に対して完璧を求める傾向にあるようで、すでに持っているおもちゃや絵本等が少し汚れたりすると、買いなおさせようとする。

お菓子は毎回買う。この前買ったから、とか、家にあるから、等の言葉は絶対に通用しない。

僅か5秒で、姿を消す。(エスカレーターに一人で乗った事あり)

私には理解出来ない癇癪で泣きわめく。→店内に響き渡るほどの声に我慢できず、母の私が口をふさいでしまい、周囲のおば様方から注意を受ける。

購入したグミの袋を開ける際に曲がって切れてしまい泣き叫んでいたが、必要な買い物があったため、泣かせながら買い物を続けた結果、買い物中の心無いおば様に理由も聞かれずに「虐待」と言われ、気が荒立っていた私と喧嘩になり、警察沙汰になる。

購入したお菓子を、支払い前に開けて店内で食べてしまう。

 

あげだしたらキリがない程のエピソードがあります。

【小学生~】

小学生になると、泣いた姿を見られる事に恥ずかしさを感じるようになったらしく、癇癪からの号泣がほぼなくなりました。

ただ、危険な行動は現在進行形です。

エスカレーターを次男とともに逆走。周囲の人がいても気にせず暴走するため、危険すぎる。

お菓子をバーコードを打った直後に開けて食べてしまう。会計前!

レジの中に入り込んで隠れたりする。

カートに乗った状態で周囲や後ろを見ずに自分の足で蹴って暴走する。

大人は私一人。次男もカートに乗りたがり、長男も同じくカートに乗りたがる。私一人では押せないと言っても、2人とも状況や気持ちが分からないようで、それぞれキャラくるカートに乗り私が怒ったり困って泣きそうになっているのになぜか爆笑する。

駐車場は車が来るから危ないと伝えても、どちらが早く車にタッチするかと次男と競争に夢中で、周囲を見ずに猛スピードで走って行ってしまう。←両手に荷物を持ち走れない状況の私を見かねて、周囲のおば様方が長男と次男を車まで付き添いしてもらった事あり。

次男編

1.2歳頃の次男は、抱っこではなくおんぶが大好きでいつも私の背中にいたので、長男ほどの苦労は幸いなかったです。

ただ、歩けるようになると、一瞬でどこかに消えてしまう傾向は長男同様でした。

お菓子を購入時、バーコードを通した瞬間に食べるのは長男同様。

きゃらくるカートにこだわりがあり、ドラえもんやアンパンマン等、気に入ったキャラクターしか乗りたがらず、泣く程度はありました。

こうして記事にしてみると、長男ほどではなかったという印象です。

しかし、長男と一緒になると事情が変わります!

一緒になってエスカレーターの逆走をしたり、駐車場を走り回ったり。一度スイッチが入ると、止められないようなところがあるのです。2人とも。苦しくなるまで笑い転げる。そんな感じです。

今の気持ち・状況・まとめ

長男ですが買い物や外出の際に多動になったり、泣きわめいたりする症状は現在進行形ですが、インチュニブを内服するまでが特に酷かったです。(今でも暴れてしまいますが、インチュニブ内服前ほどではなくなっています。)

ただ、長男・次男同様、スイッチが入ると収まらない傾向にあるし、暴走しがちです。

 

小2の長男に限っては、幼稚園の頃は周囲の人にも「まだ小さいんだから」と言ってもらっていた行動も、今では冷たい視線に変わりつつあり、親の私にとっても益々辛い状況になりつつあります。

 

とにかく、周囲の方・子ども達ともに怪我をさせないように。特に飛び出しや、知らない人にも馴れ馴れしくついて行ってしまう次男を迷子にさせないように。

相変わらず必死の買い物なのです。

 

危険な状況に注意してもヘラヘラの終わりが見えず、苦しみながら笑い転げる2人にどすを聞かせた声で怒り怒鳴り、時には殴ってしまって周囲の注目を浴びる母。

 

やっとのおもいで買い物が終わる頃には、毎回疲労困憊・自己嫌悪。並みの声では全く聞こうともしない息子達。

 

周囲のママはあんな爽やかな顔で買い物しているのに。なんで私だけこんなに暴れる2人を1人で見なければならないのか。

 

歳をとったとはいえ、まだ30代です。なのに目が窪んだ状態で、いかにも『疲れています』といった感じの顔になってしまったのです。

 

発達障害だった息子達
カテゴリー
ゆこらんをフォローする
発達かていの知恵袋

コメント

タイトルとURLをコピーしました